若返り効果が期待できるプラセンタサプリの利用法

ひどくなる前に対策を

背広の男性

単なる疲れではない

パソコンを使った仕事が多く、スマートフォンがかなりの勢いで普及している現代では、日頃から目を酷使している人が増えています。目が疲れている、と感じるだけではなく、霞んで見えたり、視力が低下してしまったり、充血してしまうなどの症状がある場合や、睡眠をとったり体を休めたりしても症状が治らない場合は、眼精疲労の可能性があります。眼精疲労になると、単純に目が疲れている、というだけではなく、溜まった目の疲れから、頭痛や吐き気、肩凝りなど様々な体の不調が引き起こります。それらの症状は、目を休ませれば治るというわけではなく、そのままにしておくと更にひどくなってしまう事もあるので、何らかの対策を考えなくてはなりません。

自分に合わせた対策を

眼精疲労の主な原因は、パソコンやスマートフォンなどを使う時間が長すぎて、目に疲れやストレスが溜まってしまう事です。そして、ドライアイなど、他の目の疾患を伴っている人が多くいるので、まずは、眼科を受診するのが一番の対策です。最近では眼精疲労を専門にした眼科も増えてきているので、安心して診てもらう事ができます。他に、日頃から自分でできる対策として、サプリメントを活用する事も効果的です。ホウレン草などの緑の野菜に多く含まれている天然色素で、紫外線などから目を守ってくれるルテインや、目の健康に良いと言われているハーブのアイブライト、目の働きを良くしてくれるブルーベリーなどに含まれているアントシアニンなど、眼精疲労に効果のあるサプリメントは様々あります。自分に合った物を選んで続けていくことが大切です。